不眠症の3つのパターン

不眠症とは、一般的によく眠ることができない状態が続くこととして定義されています。ある一定の時間帯になるまで寝つきが良くなかったり、何度も目を覚ましそれ以降は寝れなくなったり、翌日の疲れが慢性的に取れなくなったりと現代社会において一般的な生活習慣病の一つとなっています。

1.不眠症(一定の時間帯になるまで寝つきが良くない)

1つめは不眠症の一般的な症状(寝つきが良くない)として現れる主な原因を分析したいと思います。
主な原因としては、
・悩み
・ストレス
・緊張や不安
・日中の過度な睡眠
・寝るときの姿勢(枕が合わないなど)
・寝場所をコロコロ変える
などといった様々な原因が挙げられます。

これらの要因は結果として慢性的な夜更かしや睡眠障害を引き起こす始まりです。

2、不眠症(何度も目を覚ます)

2つめは何度も目を覚ましそれ以降は寝つきが良くないという症状です。
主な例として、夜中にトイレで目が覚めてそれ以降はなかなか寝れない。もしくは、何か音がして目を覚ましそれ以降は寝れない。
といった症状が慢性的に続く症状です。
症状を抑えるためには、もし夜中に目が覚めたら、無理に再び寝ようとするのではなく、リラックスしましょう。
そして可能な限り、電気を使用するのは控えた方がいいかもしれません。

3、不眠症(朝早く目を覚ます)

3つめは朝早くに目を覚ます症状です。
この症状は、私の父親も悩んでいる症状なのですが、一般的に年齢層が高いほど陥りやすい不眠症の一つです。この主な原因は、睡眠の質が低いことに主な原因があります。
良い睡眠とは、深い眠りにつけ寝起きがとても良い状態が続くことだとここでは定義します。睡眠の質が低いとは、部屋が明るすぎたり、環境的要因により引き起こされます。
こちらの不眠症は眠りが浅いため、疲れは取れにくく、結果として日中に何度も眠くなることが多いです。その際は、10分から20分程度の軽い昼寝が効果的でしょう。
できる限り、室内がより暗くなるような環境を整えましょう。

まずは生活習慣を見直すこと、そしてストレスを溜めすぎないように心がけましょう。